一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会 大阪オフィス

日本ワーキング・ホリデー協会
大阪オフィス

一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会とは

一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会(JAWHM)は、ワーキング・ホリデー制度を支援し、促進している社会一般利益の公益を目的とする非営利団体です。 公益社団法人日本ワーキングホリデー協会は1985年に厚生労働省の外郭団体として設立され2010年に破産通告を受けるまでの25年間に実に35万人以上のワーキングホリデービザ発給に貢献しておりましたが、 大手航空会社も破綻してしまうほどの厳しい時代の変化について行けず、毎年2万人ものワーキングホリデー渡航者へのサービス提供が困難になっていました。 当時サービス中止後に、今後のワーキングホリデー制度継続の問い合わせと渡航サポート等についての問い合わせが集中し利用者に困惑を招いていたため現在の一般社団法人日本ワーキングホリデー協会が設立されました。 新理事長に海外事情や海外留学に詳しく海外で公認会計士として活躍していた現理事長を選任し新団体としてワーキングホリデー留学の為の情報提供の継続とサービス提供の為の運営再建に取り組み始めました。

現一般社団法人日本ワーキングホリデー協会は旧日本ワーキングホリデー協会より商号及びそれに関する利益の一切を法的措置に則り譲渡されており、法的条件通り速やかにサービス提供および運営を始めております。 日本ワーキングホリデー協会は25年間の中で培われたサポートを提供するとともに、現在では現地サポート強化、ワーキングホリデーガイドブック、全国の大学、国際センターとの協力によって ワーキングホリデー渡航者サポートをスタートさせています。 今まで以上に強い金融機関との協力関係や海外現地サポートなどによって利用者の保護に努めており、安心して利用していただける環境を整えております。

旧団体がサービス停止に至った理由は運営コストによる経営圧迫でしたので、新団体ではコスト削減を徹底的に行っております。運営コスト削減の為にまず取り組んだのが本格的な業務のIT化です。 紙の使用を減らしシステム処理を大幅に増やし、人件費削減、オフィス経費削減、外部委託できるものは委託するコスト削減と同時にサービス向上を徹底しています。 現地サポートはその良い例です。現地留学サポート会社に委託することによってサポート都市も増え、サポート内容も大きく向上しています。 その結果経営体質の改善が急ピッチで進み業績が急回復し、全国大学生協との提携や在海外人材会社等とのサービス提供の幅も急拡大しています。 ワーキングホリデー留学の利用者層は18~31歳の若い人ですので、利用者層のイメージに合ったオープンなオフィス雰囲気を作ったり、オフィスをアクセスの良い新宿駅の近くにしたりという利用者のそばに歩み寄る努力をしております。(オフィス住所:東京都新宿区西新宿1-3-3)

ご挨拶

ワーキング・ホリデー制度は日本の若者が協定国先で1年もの間(国によって2年間)留学しながら働けるという特別なビザです。 この特別なワーキング・ホリデービザを利用し海外に渡航する日本人を増やし、 来日する外国人も増やして両国間の相互理解、国際交流が盛んになり日本にもっと多くのグローバル人材が育つように日本ワーキングホリデー協会は活動しております。

『留学』と言うと費用が高くて、英語がしゃべれないとだめで、凄く大変なこと!私には無理!というイメージがまだまだあります。しかしそれはすべて間違っています。ワーキングホリデーでの留学は安くできます。毎年2万人の英語が全くできない人が出発しています。 大変な事も有りますが帰国者は全員早く行った方がいいよ~というほど無理な事は全くありません。

留学費用の多くを占める現地での生活費用は自分で稼げるのでかかりませんし、日本以上に稼げる国も有ります。

毎年出発する約2万人日本人の95%以上の人は英語力が初級で渡航していますし治安も安全な国が多いので誰でもワーキングホリデー留学に行くことが可能です。18歳~32歳のワーホリ生が感動の毎日を送っています。 20歳で初めての海外なのにそれがワーキングホリデーで現地で自炊生活をこなしていたりします!しかしそれはあまり知られていません。実際毎年2万人もの日本人がワーキングホリデービザを利用して渡航しています。 なんとそのうちの7割は女性です。それだけ安全で多くの人が利用していますが知名度があまりないので諸外国のように利用者が増えておりません。諸外国では国家政策としてワーキングホリデーの利用でのグローバル人材育成に力を入れています。

日本でも東日本大震災の後に問い合わせが増えており、英語習得を強く願う若者も増えています。TOEIC900点やケンブリッジ英検合格という成功体験談をもつワーホリ留学生も増えています。 そのように努力してきた方の帰国後の就職のサポートも少しずつですが始めています。世界で活躍できて、企業に求められるグローバル人材育成に力を入れています。

言葉も通じない海外での慣れない生活は決して楽ではありませんが皆さんが費やした努力以上の価値があります。 努力して一歩一歩創造していける自分に気付くはずです。それは人生の中で大きな自信に変わります。今までそんな経験ありました?世界中のどこに行っても住んでいける感覚と自信をすでに持っていますか?

昨今の日本人のコミュニケーション能力の低さ、英語能力の低さ、海外へ行きたがらない内向きな若者たち、ひいては就職率の低下を改善するためにも 高校や大学終了時の進路の選択肢の一つとして、 ワーキング・ホリデービザを利用することは英国では主流となっています。韓国では政府がワーキングホリデーを促進し助成金も充てられています。 日本よりも人口が3分の1と少ないのにワーキングホリデー利用者は日本人の5倍以上の10万人です!  日本ワーキングホリデー協会では日本政府と協力しながら韓国のように年間ワーキングホリデー10万人を目標に普及活動とワーキングホリデーの地位向上の為に尽力しております。

海外で英語能力、コミュニケーション能力、バイタリティー、国際知識、世界中の友達を作って海外就職や日本での就職において大きな自信になります。 人生の若い時期に人生を創造できる自信を持てれば、明るく新しい自分の未来のみならず、日本国を創造できる若いグローバル人材に育つことができると言えるでしょう。

また昨今の海外進出企業がほしがる人材はまさにワーキングホリデー経験者が身に付ける主なスキルと一致しています。 そのような利点を生かして就職活動だけではなく人生に胸を張って進んでほしいと願っています。

ワーキングホリデー留学で身に付くスキル:

・ マルチカルチュアリズム社会での国際理解
・ 国際人、日本人としての意識
・ ダイバーシティーへの変化対応能力
・ 国際経済と国際事情
・ 地球環境問題意識
・ 男女共同参画社会
・ 人種・性別による差別や偏見の根絶
・ 思想・信教表現の自由の尊重
・ 独立心とバイタリティー
・ ゼロからのコミュニティーづくり

ワーキングホリデーで海外に留学や仕事に行った先輩たちは英語力とコミュニケーション能力の向上は目を見張るものがありますが、それ以上に意識がグローバル化して友達の輪も世界中に広がって帰国しています。企業がほしがる人材になれます。 大学生で休学して1年間ワーキングホリデーに行って現地で働きながら英語修得した大学生が現地で就職が決まったケースもあります

成功する人は挑戦しているから得るものも多いのです。挑戦せずして成功はありません。リスクを冒してでも挑戦して下さい。 今日努力した人に明日が訪れまた挑戦できます。一番の失敗は挑戦しない人ではないでしょうか。とにかく思い切ってやってみてください。

日本は島国で単一民族国家です。人種差別を感じることもなければ、人種の違う友達が普通にいるという事も有りません。日本に居るだけでは絶対に見られないもの、感じられない感覚が沢山あります。
観光旅行では絶対に作れないディープな友達もできます。現在の若者は本当に恵まれており、気軽に留学に行ける時代になっています。
これから30年で日本の人口が3割以上も減少し経済はもっと縮小します。そんな日本に危機感を抱きグローバルな人材になる為にはもっと多くの日本人若者にワーキングホリデー制度を体験してほしいと願っています。

一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会
理事長 池口 洲

特定商取引に関する表記

販売主体に基づく表示

団体名称 一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会
代表責任者  理事長 池口 洲
所在地  〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-3-3
品川ステーションビル新宿5階 507
電話受付時間  メール: info@jawhm.or.jp  TEL: 03-6304-5858  FAX: 03-6745-1562
所在地  月~金曜日(祝祭日を除く) 午前10時から午後6時まで
ホームページ  http://www.jawhm.or.jp/
メールアドレス  info@jawhm.or.jp

販売・商品条件についての表示

販売価格 一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会
代金支払い時期  理事長 池口 洲
代金の支払い方法 ■ クレジットカード
■ 銀行振込
■ コンビニエンス決済
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
セイコーマート
デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアー(携帯バーコード)
サークルKサンクス・デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアー
ミニストップ】※領収証の発行はコンビニ店舗では行っておりません。
※海外からのメンバー登録の場合、コンビニエンス決済対象外となります。
※リンク先の別サイトはコンビニエンス決済対象外となります。
※メンバーの更新時及び再発行に係る料金は、コンビニエンス決済対象外となります
商品代金以外の必要料金 ■ 銀行振込でお支払の場合、振込手数料はお客様の負担となります。
■ コンビニエンス決済でお支払の場合、決済手数料はお客様の負担となります。
サービスの開始時期 ご入金確認後7日以内
メンバーカードなどはサービス開始後1週間程度で当協会指定の宅配事業者によってお届けします。
返品・交換・キャンセル等 ご入金後60日以内であれば、メンバー登録の取り消しが可能です。
但し、当協会のサービス開始前に限ります。
(メンバー会員登録料を銀行振込にて返金する場合、振込手数料はお客様の負担となります。)
申し込み方法  ホームページ及び協会窓口

メンバー規約

メンバー規約については、こちらをご覧下さい。

個人情報の取り扱いについて

個人情報の運営方針については、こちらをご覧下さい。

リンクについて

当協会ウェブページへのリンクをご希望の方は、こちらをご覧下さい。